• Jun 29 Fri 2007 14:43
  • Sticky 轉址

搬到了fc2、、
http://mamorusuzu1125.blog108.fc2.com/

沒有意外的話應該都會在那邊更新囉、、

Posted by mamorusuzu at 痞客邦 PIXNET Guestbook(0) 人氣()

所有收入歌詞皆為自己鍵入、、僅供個人喜好收藏用、、
如須轉貼請連網址一起轉走、、
請勿拿用於任何商業用途、、
如有發現歌詞有任何錯誤的地方、、
請麻煩在文後回覆告知。。謝謝喔。。(*^-')/~☆

Posted by mamorusuzu at 痞客邦 PIXNET Guestbook(0) 人氣()

志方あきこ Raka
06.10.25 HUCD-10024

Produced & Recorded by Akiko Shikata
Directed, Recorded & Mixed by Naoyuki Minami
Mastered by Rena Koyanagi (rom THE MASTER)


01 大地の鼓動
02 金環蝕(きんかんしょく)
03 春告げ ~Raggi di primavera~
04 まほろば
05 蒼碧(そうへき)の森
06 黎明(れいめい) ~Aurora~
07 祈り ~モンラム~
08 Luna piena
09 うたかたの花
10 晴れすぎた空の下で
11 AVE MARIA
12 謳(うた)う丘 ~EXEC_HARVESTASYA/ ~

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

01. 大地の鼓動

Composed & Arranged by Akiko Shikata

Didgeridoo & Koukin:GoRo
Violin:Akihisa Tsuboy


02. 金環蝕(きんかんしょく)

Composed & Arranged by Akiko Shikata
Lyrics by leonn & Tomoko Shinoda

Kalimba & Didgeridoo:GoRo
Violin:Akihisa Tsuboy
Guitar:Yoshiaki Watanuki


荒ぶれる神の地に 赤い陽が落ちてゆく
終焉に揺れ動く 大地を焦がす様に

道無き道を行こう 誇りだけをもとって
血潮の命じるまま 明日の果てを目指し

迫り来る迷いの闇 切り開く様に
想いを秘めた心の刃 空高く掲げて

駆け抜けよ大地を 駆け抜けよ時代を
瞬間に光立つ 希望を糧(かて)に
抗えよ全てに 抗えよ世界に
滅びゆく種の記憶に 砥(と)いだ爪を立てて生き抜け

荒々しくも 懸命に
樹々の根が手を広げる
大地と空を掴む様に高く 強く


この命尽き果てても それを知る者も無く
砂塵(さじん)に晒されて やがて消え失すだけ

仰ぎ見た赤い月が
嘲笑(あざわら)おうとも
引きずる足に 血が滲(にじ)んでも
立ち止まる事なく

駆け抜けよ大地を 駆け抜けよ時代を
流れゆく涙さえ 希望へと変えて
抗えよ全てに 抗えよ世界に
牙を剥(む)く獣たちに 砥いだ爪を立てて闘え



03. 春告げ ~Raggi di primavera~

Composed & Arranged by Akiko Shikata
Lyrics by Tomoko Shinoda

Flute:Takayo Kubo


Si schiudono i boccioli color di rosa.
L'ostinato inverno ha annunciato la propria fine.
桜色の 蕾(つぼみ)がほころび
頑(かたく)なな冬が 終わりを告げました

I petali caduti al vento ondeggiano come piume
fioccando sui tuoi capelli, sul palmo della mia mano.
風に散る花びらは 羽根のように浮かび
貴方の髪に 私のてのひらに 雪のように降り注ぎます

Non si possono cancellare gli errori commessi ma,
nel tempo in continuo movimento, un giorno verrà la stagione per porvi rimedio.
犯した過ちは 消す事ができないけれど
動き続ける月日の中で いつか償える季節が訪れるでしょう

Ah! Un caldo sentimento mi pervade.
Per la prima volta ho capito cosa significa “felicità”
ああ 暖かな感情が 身体中を満たしてゆきます
幸福という言葉の意味を 初めて知る事ができました

L'immensa gioia provata per il miracolo di averti qui.
あなたがここに居る奇跡に 最上の喜びを感じるのです



04. まほろば

Composed & Arranged by Akiko Shikata
Lyrics by leonn

Piano:Yasuharu Nakanishi
Ocarina:Shino Kawakami
Koto:Gayo Nakagaki
Violin:Seiko Ohnuki
Guitar:Yoshiaki Watanuki


私を呼んでる はるか遠い場所で
足跡ならべた あの日の数え唄
草の匂いせせらぎ 続く轍(わだち)をぬければ
約束の丘に 午後の光が舞い降りる

どこで生まれたのだろう
空に浮かぶ白い雲
どこへ行き着くのだろう
あの水の流れは

輝ける大地 囁(ささや)くいのちの声
めぐる季節をただ見送りのながら
今を生きる喜びを誇る様に
私に語りかける

風の調べに そっと瞳を閉じれば
聞こえてくるのは 優しき母の子守唄

夕暮れの茜色が
寂しげにゆらめくのは
誰かが旅立つ人を
見送っているから

星空をつれて地平線に溶けゆく
儚く散る名残日につつまれて
見果てぬ夢燃え尽きた日の様に
月が微笑みかける 未来(あす)に

走って行こうこの道を裸足のまま
振り返ることなく

輝ける大地 囁くいのちの声
めぐる季節をただ見送りながら
今を生きる喜びを誇る様に
私に語りかける

花や木々の歌を伝えるため
旅立つ一羽の鳥は
形の無い希望に身を委(ゆだ)ねて
空の涯(は)てへ羽ばたく



05. 蒼碧(そうへき)の森

Composed & Arranged by Akiko Shikata
Lyrics by leonn

Recorder:Takashi Yasui
Fiddle:Takehiro Kunugi
Guitar: Yoshiaki Watanuki


木漏れ日に照らされて森は霞深く
行くあてさえ知らずに 梢のそよぎにさまよう
苔むしたせせらぎに 蜻蛉(かげろう)は舞い踊る
きらめく碧い翅(はね)は 儚い命の色

想い出色褪(あ)せても 今も胸に映るのは
懐かしい人の 温かな微笑みだけ

翔(か)けぬける風に心を例えて
遠いあの空で巡り逢える様に祈った

蛍火に誘われて 闇は帳(とばり)を降ろし
枝葉の天蓋(てんがい)に 星空は輝き出す

透きとおる月の光を集めて
遠く甘やかな日々を夢見れば
時の移ろいに想いはあふれて
雨露の雫がそっと頬をなでる

滲(にじ)んだ蒼い月は果てない涙の色



06. 黎明(れいめい) ~Aurora~

Composed & Arranged by Akiko Shikata
Lyrics by Tomoko Shinoda & Akiko Shikata

Tin Whistle:Takashi Yasui
Harp:Tomoyuki Asakawa
Fiddle:Takehiro Kunugi


Guarda il cielo a levante.
Tra poco giungerà l'aurora.
東の空を 見て下さい
もうすぐ夜明けが訪れます

La luce appena nata inizia il suo viaggio verso la vetta celeste.
Ah! A svegliarsi in tutta questa bellezza è il mondo che tu proteggevi.
生まれたばかりの光が 空の頂を目指して飛び立ちます
貴方が守った世界は こんなにも美しく目覚めるのです

Io continuerò a viver qui, per trasmettere al futuro la prova che tu ci sei stato.
私はこの地で生きてゆきます
貴方が存在した証を 遠い未来へと繋げる為に

Guarda il cielo a ponente.
Tra poco la luna scomparirà.
西の空を 見て下さい
まもなく月が消えてゆきます

La luce che zampilla dall'orizzonte trasforma a poco a poco il colore del cielo.
Ah! Diventa più luminoso, il mondo che hai lasciato.
地平から迸(ほとばし)る光が 次々に空の色を変えてゆきます
貴方が残した世界は こうして輝きを増すのです

Io continuerò a viver qui, per realizzare in futuro il tuo ultimo sussurro, la tua preghiera.
私はこの地で生きてゆきます
貴方が最後に呟いた願いを 未来で叶える為に

Per quanto viaggio, in nessun luogo potrò più incontrarti.
Ma nel mio cuore, la tua presenza è certa.
もはや 逢う事が出来なくとも
それでも確かに 私の心の内には 貴方が存在するのです

 

07. 祈り ~モンラム~

Composed & Arranged by Akiko Shikata
Lyrics by Akiko Shikata & Tomoko Shinoda

Violin:Akihisa Tsuboy
Percussions:Naoko Sato
Guitar:Yoshiaki Watanuki


空の頂から いつもいつも見守っていてください
私はここにいます

草原を切り裂く風は いつも唐突に冷たい季節をつれてくる
たてがみを震わせ 細く空に放たれた 馬の嘶(いなな)きは悲しい
陽の沈む大地に 白く昇る沢山の竈(かまど)の煙
集落の中 ただひとつ煙の上がらぬ家へ帰る

空の頂から いつもいつも見守っていてください
お父さん お母さん
私はここにいます

三日月は弓となり 遠くを旅する人に想いの矢を運んでゆく
夜空を駆け 落ちてゆく流星は 誰かに向けた道しるべ
明かりの灯る集落に 甘く漂う宴の香り
ざわめきを抜けて ただひとつ明かりの灯らぬ家へ帰る

空の頂から いつもいつも見守っていてください
お父さん お母さん
愛しい貴方 私はここにいます



08. Luna piena

Composed & Arranged by Akiko Shikata
Lyrics by leonn

Lute:Shigeo Mito
Violin:Seiko Ohnuki
Tin Whistle:Takashi Yasui
Oboe:Masakazu Ishibashi
Gut Guitar:Hiroki Ito


Nella nebbia notturna, il buio più fitto.
Un bimbo smarrito ferito dai rovi.
夜霧が満たす 無の視界
棘(いばら)に傷つく迷い人

Uno specchio d'acqua fermo e arrugginito.
Rispecchia, talvolta, la verità.
錆(さ)びついた 銀色の泉
水鏡は時に真実を映し出す

Libertà è solitudine.
Mi volgo al cielo notturno: “Aiutami!”
自由という名の孤独
救いを求め 縋(すが)るように夜空を見上げた

Oh dolci raggi tra le nuvole, mia strada maestra.
Oh Madre luna. Luna piena.
ああ 雲間にのぞく優しい光は 私を導く一条(ひとすじ)の道
母なる月 満月

Un dì lontano, proprio tu, ci hai messi alla luce.
遠い昔 私達は貴方から産まれて来た

Ah tu che illumini ogni cosa,
ad ogni cosa doni serenità in ugual misura.
万物の上に輝き 等しく安息を与える

Ecco che torno nel tuo grembo,
avvolta nella luce morbida del tuo ventre.
E dormo, e sogno.
ああ 今私は貴方の胎内に帰り
温かな光の羊水に抱かれ
眠りの中で夢を見る

Tu sei la Luna, pietosa Madre, Ah.
Luna piena.
貴方は全てを慈しむ 母なる月 満月



09. うたかたの花

Composed & Arranged by Akiko Shikata
Lyrics by leonn

Piano:Yasuharu Nakanishi
Erhu:Kanae Nozawa
Guitar:Yoshiaki Watanuki
Strings:Abe Mio Strings

Strings Arranged by Kiyoshi Yoshikawa


穢(けが)れも知らずに 無邪気なまま
青い鳥を追いかけ 彷徨(さまよ)った
夢の宿り木を かざしながら
千の願い 叶うように

めぐりめぐる時の中で
旅人は誰も皆
涙の跡をたどって 寄る辺なく明日を目指す

はらはら風に 舞い散る記憶
愛しいあの人の面影は
そっと触れれば 刹那(せつな)に消える
幻の影と 蜃気楼

星の輝きを忘れぬように
真昼の月をのぞいた万華鏡

夜の静寂 現(うつつ)の夢
生まれ変われるのなら
名前もない一輪の 路傍(ろぼう)の花になりたい

ゆらゆら揺れて たゆたう心
過ぎしあの日々の想い出は
瞳閉じれば あわく溶けゆく
その温もり抱きしめて

はらはら風に 舞い散る記憶
愛しいあの人の面影は
そっと触れれば 刹那に消える
幸せのかけら 蜃気楼

棚引く雲に 想いを乗せて
結んだ絆 あの約束も
時代をかけ抜く風になれ



10. 晴れすぎた空の下で

Composed & Arranged by Akiko Shikata
Lyrics by Tomoko Shinoda

A. Guitar:Hiroki Ito
Recorder:Takashi Yasui
Violin:Seiko Ohnuki
Contra Bass:Jun Kawasaki
Cello:Udai Shika
Percussions: Naoko Sato


ひび割れた大地に 赤い砂礫(されき)が舞う
不似合いな程の 青空が綺麗
私は高らかに唄を 歌って
雨の訪れを 待ち続ける

井戸はカラカラで 小石しか出ない
私が生まれた日に 植えた椰子(やし)も枯れ
天窓の花も もうすぐ萎(しお)れそう
私の涙では 水が足りない

太陽よ アポロンの灯(ひ)よ
あなたの接吻(くちづけ)はいらない
風雲(かぜくも)よ雨を連れて
手のひらへ降り注げ

太陽よ アポロンの灯よ
日暮れ前に消え去れ
風雲(かぜくも)よ雨に連れて
この体へ注げ

乾いた唇 砂の味がした
焼けつく咽(のど)の痛みにはもう慣れた
何度も唄って 何度でも祈ろう
何度も絶望に苛(さいな)まれたとしても

「あの泉は枯れた もうずいぶん前に」
「だかワインだったら まだ十二分さ」
酒場の男らは 濁った目をして
天(てん)の川の下で バッカスと踊る

人々の心は いまにも萎れそう
私の唄だけでは 力が足りない?

星月よ デネブの灯よ
あなたの抱擁(ほうよう)はいらない
いかづちよ雨と共に
手のひらへ降り注げ

星月よ デネブの灯よ
夜明け前に消え去れ
いかづちよ雨と共に
この体へと注げ



11. AVE MARIA

Composed by Franz Schubert
Arranged by Akiko Shikata

Violin:Taro Hakse


Ave Maria!
Vergin celeste, la prece mia si volge a te;
il genitore mi toglie il fato,
a te il mio cuore chiede mercé, si, chiede mercé,
per tanto affanno prego a tuoi piedi:
giammai non hanno tregua i dolor.
Il dolor mio dal ciel tu vedi;
deh, salva, oh Dio! il genitor.

アヴェ・マリア!
天にまします聖処女マリアよ、あなたに私は祈りを捧ぐ。
造物主に運命を翻弄(ほんろう)されて、
わが心はあなたに慈悲を乞う。 慈悲を乞う。
憂悶(ゆうもん)の深さに耐えかねて、あなたの御足にひざまずき、わたしは祈る、
痛苦(つうく)はいまだに鎮まらざれば。
わが苦しみをあなたは天上から御覧ずる。
ああ、救い給え、神よ、造物主よ。



12. 12 謳(うた)う丘 ~EXEC_HARVESTASYA/ ~

Lyrics, Composed, Arranged & Mixed by Akira Tsuchiya

Violin:Akihisa Tsuboy
Guitar: Yoshiaki Watanuki


Rrha ki ra tie yor ini en nha.
Rrha ki ra tie yor ini en nha.
Wee ki ra parge yor ar ciel.
Wee ki ra parge yor ar ciel.
Was yea ra chs mea yor en fwal.
Was yea ra chs mea yor en fwal.
Ma ki ga ks maya yor syec.
Ma ki ga ks maya yor syec.

[4]dera deri da dera deri da dera deri da Ma num ra 0x vvi.
[4]dera deri da dera deri da dera deri da Ma num ra 0x vvi.
[3] kyuase. kyuase. kyuase.
[3] kyuase. kyuase. kyuase.
[2] ya- hahaha ha syera. ya- hahaha ha syara. Ma num ra 0x vvi.
[2] ya- hahaha ha syera. ya- hahaha ha syara. Ma num ra 0x vvi.
[1] ri ru ra don turu ru ra ri- 4. 3. 2. 1. Ma num ra 0x vvi.
[1] ri ru ra don turu ru ra ri- 4. 3. 2. 1. Ma num ra 0x vvi.
[0] 4. 3. 2. 1. Ma num ra 0x vvi.
[0] 4. 3. 2. 1. Ma num ra 0x vvi.

Linen yor akata ar ciel. hymme xest pauwel.
Linen yor akata ar ciel. hymme xest pauwel.
En titilia forlinden. grave sik yeeel.
En titilia forlinden. grave sik yeeel.
Der foul en cyuie selena la harton.
Der foul en cyuie selena la harton.
der diasee Harvestasya. en forlindel Myu.
der diasee Harvestasya. en forlindel Myu.
Gran sos ee HYMMNE...
Gran sos ee HYMMNE...

天詩(あまうた)を舞結(まいゆ)う 巫子はハーヴィスターシャ
弓弦(きゅうげん)の月ノ夜 届かない恋をした

風抜ける丘の音 二人愛(め)で謳えど
世継ぎ君の明日は 結び姫(ひ)の憂き運命(さだめ)

心隠し微笑む 二人の奏でし詩は
一吹(いぶき)のつむじ風 呼び紡ぐ

was i ga na yehah mea yor. hiele yor cenjue.
was i ga na yehah mea yor. hiele yor cenjue.
li na lir sol ciel. faura na fwal.
li na lir sol ciel. faura na fwal.
heighte mea en yor hymmne crushue crudea art.
heighte mea en yor hymmne crushue crudea art.
na faja! kierre enerel! enclone mea!
na faja! kierre enerel! enclone mea!

鬼霊(きりょう)か魔呪詛(まじゅそ)か 彼(か)の開かぬ瞳(め)の
唯(ただ)伏せ泣く 巫子の手を
包み説く母 西の伝承 詩神(ししん)の住まふ「謳う丘」
少女は翔(と)び発つ 朱(あか)き御星(みぼし) 抱(だ)いて…

Linen yor akata ar ciel. hymme xest pauwel.
Linen yor akata ar ciel. hymme xest pauwel.
En titilia forlinden. grave sik yeeel.
En titilia forlinden. grave sik yeeel.
Was yant ga suwant en guard yor. tasyue tes yor omnis.
Was yant ga suwant en guard yor. tasyue tes yor omnis.

水の加護 森の魂(たま) 無き旅幾歳(いくとせ)
己(おのれ)の神祀(まつ)り 想いの灯(ひ)西照らし

[1] Hymme ieeya ar ciel. selena waats murfanare. ...
[1] Hymme ieeya ar ciel. selena waats murfanare. ...
[2] Hymme rol faura. firle fhyu ieeya nepo kapa. keen sheak lusye. yasra walasye.
[2] Hymme rol faura. firle fhyu ieeya nepo kapa. keen sheak lusye. yasra walasye.
[4] Hymme lamenza cyuie gauzewiga polon men. sphilar tie cupla hierle ryusse.
[4] Hymme lamenza cyuie gauzewiga polon men. sphilar tie cupla hierle ryusse.
Xa Zatyy wn itt sss.
Xa Zatyy wn itt sss.

[1] Zahha rana iem hymme diviega grandus. lequera gott getrra spiritum.
[1] Zahha rana iem hymme diviega grandus. lequera gott getrra spiritum.
[1] Zahha rana iem hymme diviega grandus. lequera ridalnae. yehah got!
[1] Zahha rana iem hymme diviega grandus. lequera ridalnae. yehah got!
[3] Zahha guwo quesa yehar gauzewiga. yaha vit hierle walasye beja ar ciel.
[3] Zahha guwo quesa yehar gauzewiga. yaha vit hierle walasye beja ar ciel.
[3] Zahha guwo quesa yehar gauzewiga. yaha sa yor en tie unloee jenhah got!
[3] Zahha guwo quesa yehar gauzewiga. yaha sa yor en tie unloee jenhah got!

最果ての丘には 空の朱纏(あかまと)ひた
石の碑(ひ)そびえ立つ 天上(あまかみ)へ続く道…

想い追ひ 駆け昇る 朱き御星見えるまで
吐息を重ね 詩神の祀(まつり)へ

Was yea ra yassa ridalnae lof.
Was yea ra yassa ridalnae lof.
yorr harton sos mea grandus enerel mea.
yorr harton sos mea grandus enerel mea.
Myu.. Was yea ra hartes yor firle syec syec mea.
Myu.. Was yea ra hartes yor firle syec syec mea.
sos faf cause yor der ridalnae murfan.
sos faf cause yor der ridalnae murfan.

闇夜を照らして 愛す者助く為に
教えよう 輝く光の詩を

Was ki ra hartes yor yanyaue yanyaue.
Was ki ra hartes yor yanyaue yanyaue.
van govaz tes yor. van na pitod enerel.
van govaz tes yor. van na pitod enerel.
van na hartes yorr mea.
van na hartes yorr mea.
forgandal. parith en clyncye hymme syec mea boh murfanare!!
forgandal. parith en clyncye hymme syec mea boh murfanare!!

『Was yea ra melenas en yanje yanje.. eterne pitod yor...』
『Was yea ra melenas en yanje yanje.. eterne pitod yor...』

新たな光 生まるる夜明け 少年の瞳は還(かえ)り
溢るる雫 伝うその頬 胸にうずめ 泣き明かす
朝日の レエスに 包まれた 二人の
黒き狭間の影 永久に 溶け逢うた

Linen yor akata ar ciel. hymme xest pauwel.
Linen yor akata ar ciel. hymme xest pauwel.
En titilia forlinden. grave sik yeeel.
En titilia forlinden. grave sik yeeel.
Wee ki ga linen rre nosaash mea.
Wee ki ga linen rre nosaash mea.
watt heighte has innna gyas.
watt heighte has innna gyas.
En pilt sa ugi hymme parith ridalnae yor.
En pilt sa ugi hymme parith ridalnae yor.

Linen yor akata ar ciel. hymme xest pauwel.
Linen yor akata ar ciel. hymme xest pauwel.
En titilia forlinden. grave sik yeeel.
En titilia forlinden. grave sik yeeel.
Was ki ra hymme waats hes clyneye murfanare?
Was ki ra hymme waats hes clyneye murfanare?

今宵の語りの 愛(あい)し巫子の魂が
貴方の胸にも 届きますように…

Posted by mamorusuzu at 痞客邦 PIXNET Guestbook(1) 人氣()

志方あきこ Navigatoria
HUCD-10011 05.07.20

01 Siren
02 Navigatoria
03 睡恋
04 西風の贈り物
05 花帰葬
06 HOLLOW
07 カルナヴァル
08 Sorriso
09 空の茜 空の蒼
10 La Corolle
11 Makeda ~Queen of Sheba~

Composed, Arranged, Chorus, All songs paforms Akiko Shikata

Produce by Akiko Shikata
Directed by Masanobu Sano ("HATS")

Recorded by Akiko Shikata & Naoyuki Minami
Mixed by Naoyuki Minami
Mastered by Shigeki Fuino (UNIVERSAL MUSIC)
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

02. Navigatoria

Lyrics Junko Kudoh
Fiddle Takehiro Kunugi
Acoustic guitar Yoshiaki Watanuki
Electric guitar
Mandolin
Bass Koki Ohno
Drums Norimitsu Endo

水に沈んでゆく
蒼く錆びついた時計
私の時間は再び
動き出す

舟を出すなら今
雲が切れぬうちに
迷う心白い月に
見透かされてしまう前に

Navigatoria 貴方は今も 夜空のどこかで きらめいて
Navigatoria 私の眠りを 呼び覚ます 揺り起こす
Navigatoria 見えないあなたを 求めて 二度と戻れない旅へ

陽に褪せた海図は
指を離れ舞い上がる
迷う心風の中に
高く小さく消えてゆく

走り去ってゆく雲 拡がる空 流れ込む月の光
こんな 満天の星の 星達の歌う 言葉の中
一つ ただ一つだけを 耳を澄まして貴方の その声だけを....

Navigatoria 貴方はずっと 明けゆく空にも 輝くよ
Navigatoria 彷徨(さまよ)う小舟を 見守って 導いて
Navigatoria 眩しいあなたを 見上げて 何も恐れない旅へ 遠く 遠く


03. 睡恋(すいれん)

Lyrics leonn, Akiko Shikata
Acoustic guitar Yoshiaki Watanuki
Bass Koki Ohno
Drums Norimitsu Endo

こぼれ落ちた泪(なみだ)ひと雫
水面(みなも)に弧を描き出す
今もまだ胸に響くのは
もう失った幸せの歌

声もなく孤独に震えてる
麗し愛しき花よ
幾重にもまとった花びらで
その傷口を隠しているのでしょう

疲れ果てた心 かたく閉ざした蕾(つぼみ)

微睡(ねむり)なさい
明日を夢見ては
夜にたゆたう睡蓮の蕾
透きとおる 淡い紅の
花ひらく時 恋が咲くのだから

砕け散った愛を集めては
欠片(かけら)にまた傷付いて
くり返し痛みに耐えても
まだ眩しすぎた想い出に彷徨(さまよ)う

心色褪せたら 花は枯れてしまうわ

微睡(ねむり)なさい
この胸に抱かれ
私は闇を
照らす十六夜月(いざよいづき)
蒼白く優しい光で
あなたをすべて 包み込む様に

夜霧の揺り籠 そっと揺らして
愛しき想い口ずさむ子守唄
心枯れぬように 恋が枯れぬように

目醒めなさい夜が明けたなら
螺旋(らせん)を描くすがた美しく
今はただ水面に消えゆく
水泡(うたかた)の様に嘆きを忘れて


04. 西風の贈り物

Lyrics(Japanese) Tomoko Shinoda
Fiddle Takehiro Kunugi
Acoustic guitar Taroma Koshida
Piano Raphael
Bass Koki Ohno
Drums Norimitsu Endo

Quando Zefiro danza prendendo Flora per mano,
il mar Tirreno si muta in azzurro e giunge la primavera.
ゼフュロスがフローラの手を取り踊ると
ティレニアの海は碧色(あおいろ)に変わり 春が訪れます

Finisce il cupo inverno il porto è pieno di barche tornate a casa.
Quel ragazzo che cammina lungo il molo con le guance tinte tornerà dal suo amor.
憂鬱な冬は終わりを告げ 港は 帰港(きこう)した船達で賑わいを見せます
頬を染めて桟橋を歩くあの青年は 恋人の元へと帰るのでしょう

Per il gentile vento che soffia da est il ciel si fa via via sereno,
i pesci risvegliatisi dal lungo sonno sporgon furtivamente la testa tra le onde.
西から吹く優しい風で 空は晴れてゆき
長い眠りから目覚めた魚が そっと波間に顔を出します

Quando Zefiro sussurra a Flora parole d'amore,
i boccioli dei fiori si gonfian di rosa e giunge la primavera.
ゼフュロスがフローラに愛の言葉を囁くと
花のつぼみは桃色にふくらみ 春が訪れます

I fischi a vapore giungono alla banchina il porto è pieno di gente che va in paesi lontani.
Con la speranza e l'inquietudine nel cuore, i pionieri raggiungeranno terre mai viste.
汽笛が埠頭(ふとう)に流れ 港は異国へ向かう人で賑わいを見せます
希望と不安を抱きながら 開拓者達はまだ見ぬ土地を目指すのでしょう

Il vento dell'est insieme ai fiori si dirige verso nuove città,
le rondini, cantando la canzone appena imparata, gioiscono della nuova stagion.
西風は花と共に 新たな街へと向かい
燕(つばめ)は 覚えたばかりの歌をうたいながら 新しい季節に歓喜しています


05. 花帰葬(はなきそう)

Lyrics Tomoko Shinoda, leonn
Violin Seiko Ohnuki
Accordion Yuka Fujino (Rivendell)
Acoustic guitar Yoshiaki Watanuki
Electric guitar
Bass Koki Ohno
Drums Norimitsu Endo

あてどなく ただ君は 彷徨(さまよ)いながら
冷えた心を震わせ 天を仰いだ

終焉の鳥が 高い空から刻(とき)を告げ
閉ざされた世界で 僕らはまた巡り会う

君を奪い去るその全てを 凍てつく街に捨て
永い哀しみの終わる場所へ 堅く手をつなぎ駈けてゆこう

白く 散り急ぐ花のように
朱く流れるいのちの上に 雪は止め処なく降りつもる

果てしなく続く この白銀の路(みち)
淡く儚い希望に 明日を夢見た

春告げの鳥は 泪(なみだ)の雫数えつつ
永久(とわ)に繰り返される 流転を嘆いて謳(うた)う

君を慈しむその想いが 闇を導いても
罪に 汚れなき魂(こころ)だけに 今 身を委ね生きる

創造主(かみ)に 見放されたこの世界
風花の舞いに解き放たれ 雪解けに目覚め光さす

滅びゆく 生まれいづる 全てのいのちは 雪原に咲く花
箱庭の 小さな花
まるで白い幻のように 風に搖られる まま

喜びに 哀しみに 輝いて 包まれ 時は流れる


06. HOLLOW

Lyrics
Ailani
Tomoko Shinoda
Shakespeare,Cicero

Electric guitar
Yuji Hayashi

Bass
Koki Ohno

Drums
Norimitsu Endo


Tu fui ego eris ,Odi et Amo
Tempus est quaedam pars aeternitatis

Domina omnium et regina ratio est
The web of our life is of a mingled yard
Legitimate and vile gathered
None of less how beauteous mankind is

Wee,both in the Catacombe
Estranged from the Salvation
Grif thyself ,thy pleasant past days neer revive
Thy silent dewe shedd exhausted

Gracious the liberation,Thou art not bandage but conqure
Lipp dip on strange crimson fruit ,
Goût of sweet honey sweet

Utinam tam facile vera invera possem quam facile convincere

Light,seeking light doth light of light beguile
You shew no thawn
The dust of flower petals ,unspoken
It doth not leave no trace to posterity

Sneer at loud at thy flesh thorn
Pick up thine incarnadine Crowne
Stuggle writhe even though Darkness unshaken off trash
Hideous trash

Praise thy thirst as bodie desious
Plenty water meet thine a demand
Full the thirst as much to drown make amends for Hollow

闇とは我自身である
汝(なんじ)を憎悪し そして寵愛(あい)する

時は“永遠”の眷属(けんぞく)である
理性こそが万物を束ねし女王
世界は綴(つづ)れ織りの綱にも似て
善き系と交錯(こうさく)する悪しき系
其れにしても人間(ひと)は 何と儚き存在(もの)

我等は常に 救済とは隔たれた棺に棲む
還らぬ月日への感傷ならば 心行く迄嘆くが良い
涙は孰(いず)れ枯れてゆく

束縛からの解放に歓び給え
新たなる呪縛へと親しみ給え
紅き果実へ唇を浸せば 甘美な蜜は咎(とが)の味

我らの存在を虚構と呼ぶのなら
一体何の理(ことわり)を真実と云うのか

光が闇を求めた刹那 全ての色彩は沈默に染まり
其処(そこ)に安息は介在しない
降り注いだ花弁は塵と成り果て
僅かな痕跡さえも残しはしない

汝の荊を嘲笑(わら)い給え
血塗られた王冠を崇(おが)め給え
如何(いか)に藻掻き 振り払おうとも 闇は拭えぬ痣(おざ)と同じ

喉の渇きを癒し給え
己か躯(からだ)の命ずる儘(まま)に
溺るる程に飲み乾した後(のち)
飽く無き虚(うろ)は充足(みた)される


07. カルナヴァル

Lyrics Junko Kudoh
Violin Seiko Ohnuki
Acoustic guitar Yoshiaki Watanuki
Electric guitar Yuji Hayashi
Bass Koki Ohno
Drums Norimitsu Endo

君が帰って行くのは 深い森
後ろ姿が路(みち)の 向こうに滲むよ

町は賑わう靴音 笑い声
窓に灯り掲げ 長い祝祭が始まる

命の罪と 歓び

君の失くした笑顏は 深い森
僕は流れる 人波を遡(さかのぼ)るよ

耳を塞いで 一緒に
もう此処から 逃げよう

思い出のあの樹の 幹の天辺に
輝く星一つ 飾りに行こう

思い出のあの樹の 足下に二度と
悲しみの炎が 近づかぬように

君の閉ざした心は 深い森
細い三日月 闇空に爪立てるよ

高い枯れ草 くぐって
さあ扉を 開けよう

僕達のあの樹の 芽吹いた緑を
綿のような雪で 包みに行こう

僕達のあの樹の 傷跡に二度と
鉛色の雨が かからないように

僕達のあの樹の 暖かな森に
すべてを許されて 一緒に眠ろう
一緒に帰ろう

誰も知らない 僕達の祝祭
誰も知らない 約束の祝祭


08. Sorriso

Lyrics (Japanese) Tomoko Shinoda

Irish harp Rintarou Kimura (Rivendell)
Piano Raphael
Manipulator Tomoko Imoto

Se di noi due uno solo potesse ricever l'amor del mondo,
io sarei felice di donarlo a te.
私達二人の中で只一人だけ 世界から寵愛を受けることができるのならば
私はその座を喜んで貴方へ捧げましょう

Accettalo senza esitazione, te ne prego.
Io ti stringo dolcemente nell'abbraccio del mio amore più sincero.
どうぞ躊躇(ためら)わずに受け取って下さい
私は心からの愛情をもって 貴方を優しく抱きしめます

Te ne prego, va avanti per la strada che tu credi.
Prego perchè tu non perda mai la tua anima pura e sincera.
どうか貴方の信じた道を 歩んで下さい
清浄で真摯(しんし)な魂が 僅かでも損なわれない様に祈ります

Se uno di noi due fosse scelto per il regno della morte,
io sarei felice di offrirmi.
私達二人のいずれかが 死の国へ赴く者に選ばれるのだとしたら
私は此の身を喜んで差し出しましょう

Ti prego, non essere triste,
perchè io già ricevo da te tanta felicità da non meritarla.
どうか悲しまないで下さい
私は既に貴方から 過分な迄の幸福を与えられているのですから

Il mio cuor ti sarà per sempre vicino.
此の心は何時までも 貴方の傍に在ります

Prego perchè quel tuo sorriso gentile non si oscuri mai.
優しいその微笑みが 僅かでも曇りを帶びない様に祈ります


09. 空の茜 空の蒼

Lyrics Junko Kudoh
Accordion Yuka Fujino (Rivendell)
Acoustic guitar Yoshiaki Watanuki
Electric guitar
Bass Koki Ohno
Drums Norimitsu Endo

回り道して 迷子の日は
顔上げると 夕暮れ
放課後の鉄棒 逆さの町

いつでも優しい笑い声 そばにある
そんな日はあたりまえに過ぎて
かすかな胸のくすみは 火を消した
アルコールランプの匂い

変わり続けてゆく 君を責めたりしないよ
走り続ける風のように もっと輝いていて

プレパラートに 挟んだ夢
目を閉じれば 琉璃色
いつだって足りない 二人の時間(とき)

靜かにすり拔けてゆく日々 見送って
空っぽのシャーレに蓋をした
曇った理科教室の ガラス窓
青空が歪んで見えた

変わり続けてゆく 君を遠くで見てるよ
走り続ける風に吹かれ 歩いてるよ

すっとこのまま 回り道して
すっとこのまま 迷子のまま
もっとこのまま 光る風に追い越されながら
歩くよ このまま


10. La Corolle

Lyrics
Ailani

Sax
Norihiko Hibino

Keyboard
Tomoko Imoto

Electric guitar
Yoshiaki Watanuki

Bass
Koki Ohno

De la mèr celadom devant du vent
Je m'oriente tranquilllememt du nos jours
Dans la terre lapis-lazulliétendu
Je n'oublierais pas sa voix, m'appele <La corolle>

Chorus La corolle, Ma corolle
    Notre princess, petiete princess
    Ma corolle petites corolle
    La couronne des fleurs, la plus belle

Sur le ciel plat azure derrière du vent <tôt au tard>
Je s'imagine, il est dans la foule des gens, presses
J'ai vu son bateau en papier <Sa bravour>
J'ai touché sa shausseur en soie, <fréquemment>

Lorceque je compte des Étoiles
Lorceque je trouve la voile
Lorceque le joyeau dormaira pacifiquement
Lorceq'un piere est aux bois
Lorceque'il réclolte une perle
Lorceque la gloire du matin éclot,
plus tard au Printemps

La corolle est toujours mon espoir
Le Sol revidi est mon courage
Sur le courant d'Air
Je m'ensuivrai
Moi, ji m'ensuivrai
Soin au fil de la lumière

Chorus La corolle,Ma corolle
    Notre princess,petiete princess
    Ma corolle petites corolle
    La couronne des fleurs,la plus belle

Quoqu'il traversait,
Les Sept Merveille du Mond
Il n'est pas de Passage,
ºPas de passage au mon pays
Je suis partie a la chasse au Arc en Ciel
Avec mon filet, Sans rancune

Lorceque je compte des Étoiles
Lorceque je trouve la voile
Lorceque le joyeau dormaira pacifiquemment
Lorcequ'n piere est aux bois
Lorcequ'il réclolte une perle
Lorceque la gloire du matin éclot,
plus tard au Primtemps

Lorcequ'on offre l'Hortensia
A Patrie,des fleurs,des fleurs,
L'Oiseau rouge
Etait pariti sans que person
Ne l'ait vu
L'Oiseau rouge
Ne reviendra, plus


La Corolle  花冠
風の向かい側の淡い緑の海
私はここから始まる 静かに 今日
琉璃の張りつめられた土の上
私を<花の冠>と呼んだかの人の声を忘れない

    花の冠私の花冠
    皆の姫君 小さなお姫様
    花冠 私たちの花冠
    美しい花の王冠

平たく明るい青の空の下で きっとあの人はときどき
大勢の中に居るのでしょうね
私は彼の高潔さ 紙の船を見た
私は幾度か彼の絹の靴に触れた

星を数えるとき
船の帆を見つけるとき
宝石たちが安らかに眠るとき
小石が追いつめられる時
彼が真珠を採るとき
朝顏が遅い春に
花開くとき

<お花の冠ちゃん>は私の希望
蘇った大地は私の自信
空気の渦にしたがって
どこかに行こう
私は 月の光の流れの渦について行こう

    花の冠私の花冠
    皆の姫君 小さなお姫様
    花冠 私たちの花冠
    美しい花の王冠

七つの海を越えた人
旅人ではなかった人
ただの旅人ではなかったひと
網を持って虹を捕まえに出かけよう
恨み言は無しに

星を数えるとき
船の帆を見つけるとき
宝石たちが安らかに眠るとき
小石が追いつめられる時
彼が真珠を採るとき
朝顏が遅い春に
花開くとき

私たちが紫陽花をすべての花々の祖国にたむけるとき

赤い鳥はそっと去って行きました
赤い鳥は二度と戻って来ることはないでしょう


11. Makeda ~Queen of Sheba~

Lyrics leonn
Acoustic guitar Toroma Koshida
Percussions Norimitsu Endo
Drums

心惑わす幻の花
火より出(いで)て氷より冷たく
今咲き乱れ妖しく揺れる
甘く香(かぐわ)しく

捕らえがたし陽炎(かげろう)の様に
夜毎に生まれ日毎に消えゆく
襲う熱病に犯され進む
果てしなき旅路よ

我らが神よ慈愛と許しを
燃ゆる血潮定めを越え惹かれ合う
行く当てなくさまよえる咎人(とがびと)に救いの道を与え給え

今宵戯れの宴
恋人達の夜深く
乾きを癒せし泉の女神
月夜の誘(いざな)うまま踊り明かす

汝に背き旅立と砂漠へと
風に吹かれ流るる砂塵(さじん)のごとく
この時代に報われぬ魂を導き給え

永久に時の波を幾千も越えて
刻み付けた
愛の証(あかし)

Posted by mamorusuzu at 痞客邦 PIXNET Guestbook(1) 人氣()

[志方あきこ] 廃墟と楽園
03.08.16 AURA-003

01 Come raggio di sol
02 ロマの娘
03 MARE
04 Se l'aura spira
05 ラヂヲ予報
06 廃墟と楽園
07 何処へ
08 Contrasto
09 イゥリプカ
10 古
11 MARE(Allegretto grazioso)

Compsed, Arranged, All songs paforms:志方あきこ
Lyric:志方あきこ(7) 田朋子(2.5.9.10) 田 + 志方(6)
作詞者不明~古イタリア詩より引用~(1.3.4) Cario Zangarini(8)

Producer:志方あきこ(VAGRANCY)
Recording+Mixing+Mastering engineer:志方あきこ
Accordion:藤野由佳(3.4.5)
Acoustic guitar:金谷ヒデユキ(10)
Drum,Percussion:工藤源大(2.3.5.7.9)
Violin:壺井彰久(2.8)
Acoustic guitar:ウタヌキ ヨシアキ(1.2.4.5.6.7.8)
Electric guitar:ウタヌキ ヨシアキ(5.6)
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

01. Come raggio di sol

Come raggio disol mite e sereno
やわらかく澄み切った陽め光が

sovra placidi flutti si riposa
静かな波の上で身を休めている時でさえ

mentre del mare nel profondo seno
海の深い淵では

sta la temgesta ascosa:
嵐がじっと息を潜めている

cosí riso talor gaio e pacato
この様に 明るく 穏やかな微笑みが

di conteno, di gioia un labbro infiora,
唇を喜びで象(かたと)っていたとしても

mentre nel suo segreto iI cor piagato
その陰は傷付いた心が

s'angoscia e si martora.
悩み 苦しんでいるのだ


02. ロマの娘

シャンララと響く 鈴の音高く
ただ陽炎(かげろう)と踊るように揺れる民は
奏でる弦に 吹き呼ぶ笛に
ただ浪々(ろうろう)と流れゆく時と共に

灼熱(しゃくねつ)のバザールで子供達は いま
実り無き日々の中 夢を探す

渇きゆく土を蹴(け)り 果て無き旅路をゆく
強い風に抱かれながら
痩(や)せた胸で 自由を謳(うた)う

流れる雲は 茜(あかね)に染まり
いま目も眩む黄昏(たそがれ)の街道(みち)を抜けて
暮れゆく空に 満ちゆく月に
いま愛し子は駈(か)けてゆく 星と共に

家路へと帰りゆく人を眺(なか)めいま
旅人は懐かしむ過ぎし夢を

明日が消えてしまわぬように
ただ祈りなど 願いなど 唄にのせて
私は生きる 両手を広げ
その悪戯(いたずら)な運命に逆らいながら


03. MARE

Vieni, vieni, o mio diletto...
おいで 愛しい人よ…

Quando avvien che un Zeffiretto per diletto
bagni il piè nell'onde chiare,
きまぐれな西風が輝く波間に足を浸し

sì che l'acqua su l'arena scherzi a pena,
水が微(かす)かに砂浜と戯(たわむ)れる その瞬間を

noi diciamo che ride il mare.
私達は「海が笑う」と言う

Ben è ver: quando è giocondo ride il mondo,
そう 晴れやかな時に 世界は微笑み

ride il mare quando è gioioso;
そして楽しい時 海が笑う

ben è ver: ma non san poi, come voi,
fare un riso grazioso.
けれど そのいずれも
貴方ほどの優雅な笑みを
もたらすことは出来ない


04. Se l'aura spira

Se l'aura spira tutta vezzosa, la fresca rosa ridente sta,
その風が爽やかに吹けば 瑞々(みずみず)しく薔薇は咲き零(こぼ)れ

la siepe ombrosa di bei smeraidi d'setivi caldi timor non ha.
美しくエメラルドに繁(しげ)った生け垣は 夏の暑さを恐れない

A balli, a balli, liete venite, ninfe gradite, fior di beltà.
楽しい踊り 踊りて集え 美の花 麗(うるわ)しのニンファ達よ

Or, che sì chiaro il vago fonte dall'alto monte al mar sen'va.
美しき泉が山頂から湧き出し 海へと流れゆく今

Suoi dolci versi spiega l'augello, e l'arboscello fiorito sta.
鳥は優しく唄を織り奏で 若木は花を付けていく

Se l'aura spira tutta vezzosa, la fresca rosa ridente sta,
la siepe ombrosa di bei smeraldi d'estivi caldi timor non ha.

Un volto bello all'ombra accanto sol si dia vanto d'haver pietà.
木陰に寄りそう 俤(おもかげ)よ 誇りのままに その慈悲を与えよ

Al canto, al canto, ninfe ridenti, scacciate i venti di crudeltà!
歌に集え さざめき笑うニンファ達よ 無慈悲な風を追い払え


05. ラヂヲ予報

やわらかな 雲の白 遠くに揺れる

赤い自転車で はしる はしる
石畳(いしだたみ)を抜けて
古い線路跡 こえて こえて
町の外まで行こう

ふきぬける 空の青 優しくそよぐ

風見鶏(かざみどり)の顏 まわる まわる
三角屋根の横で
雨あがりの虹 こえて こえて
地図の外まで行こう

ラジオ越しの天気予報を
鞄(かばん)に詰め込んで
寂しがりの君の部屋まで
届けにいこう

日だまりの 黒い猫 野原をおよぐ

昼下がりのバス はしる はしる
細い道を抜けて
オレンヂの森を こえて こえて
丘の上まで行こう

心に住む 君の名前を
五線譜に描いて
蓄音機(ちくおんき)の音色にのって
届けにいこう

絵本のような 森の奥で
小さな世界が隠れてた
ブリキ缶の中には猫目石と
子供のふたりが眠ってる

いつか旅に出るまで
せつない夜知るまで

いつか ふたり日暮れの駅で
大人になる前に
手をつないで晴れた季節を
探しに行こうよ

階段の途中 君のシャツにぎって
飛行機雲を見ていた
寂しがりの“ふたり”遠回りをして
帰ろう


06. 廃墟と楽園

朽ち果てた回廊は 蔦(つた)の森に沈み
還(かえ)らぬ物語が 霧の中にひそむ

木霊(こだま)の囁(ささや)きに 目覚めゆく想い
宴の幻を 辿(たど)りながら
独りただ舞い踊る

水底の祭壇に
捧げる花の色は白く
滅びに眠る都 愛しむ様に
いま 咲きほこれ

凍てついた水晶は
白亞の壁を照らし
栄光の面影が 波の奧に灯る

遥か時を越えて 魂は巡り
懷かしき故郷へ
追憶の欠片(かけら)抱いて 集う

水底の祭壇に
祈りをよせる腕は細く
王国の亡骸(なきがら)に
届かぬ指先は 儚(はかな)い

月影浴びて 揺れる 水鏡に
そっと浸した
裸足の脚(あし)は幽(かす)かに震え

夜の世界は蒼く 全てを染めて
長い髮のたゆとう汀(みぎわ)を
靜かに包み込む

精霊達が永遠にまどろむ国へ
溶け合うように
水脈深く交じり合い

いにしえの庭園へと
幾(いく)たび手を伸ばし求める
今導いて 私を呼ぶあの場所へ

水底の祭壇に
祈りをよせる腕は細く
王国の亡骸に 届かぬ指先は
冷たく 遠い祭壇に
捧げる花の色は白く
滅びに眠る都 愛しむ様に
いま 咲きほこれ


07. 何処へ

帰る場所 忘れた鳥
もう姿も思い出せない私は…

独り佇(たたず)む 茜(あかね)の丘
君の殘した足跡だけが疼(うず)いてる
想いの鎖さえも
繋(つな)ぎ留める事が出來ないぬくもりは

何処へ消えるの?

色褪(あ)せた約束 さらう風は
悼(いた)みに赤く霞(かす)む あの空へ行くのに

耳鳴りに搖らぐ記憶
いま 面影眠る 群青色(ぐんじょういろ)の草原で
淡く光る花達が守る
細く賴りなく 息づくその道は

何処へ続くの?

喪(な)くしたぬくもりを取り戻すため
君を探し疲れた足も 君を待ち痛む胸も
囁(ささや)くように歌うように 君を求めるよ

何時か会えるの?


08. Contrasto

Piange lenta la luna sue rugiade gemmanti:
月はゆるやかに きらめく涙を零(こぼ)してゆく

or lieto all'aria bruna sia l'oblio de il amanti,
暗闇に息付く 恋人達の忘却の世界は
喜びに満ちあふれている

però che dolce è il riso tra il pianto de le cose.
なぜなら 全ての涙の間で
甘美なその微笑みは慰(かぐさ)めとなるからだ

Ben la luna compose a la mestizia il viso.
今まさに 月は哀しげな表情で佇(たたず)んでいる

O amica, a quando a quando giova l'oblio:
ああ愛しき人よ
ときに忘却というものは助けになる

scordare l'altrui doglianze amare,
intorno andar cantando,
それは 人の持つ耐え難き苦しみを忘れ
歓喜に唄い巡るという事(かた)なのだ

mentre piange la luna.
月が泣いている この時に…


09. イゥリプカ

豊穣の女神の娘、 イゥリプカ。
娘は不思議なカを持っていた。
祈れば実りを、 舞えば雨を、 謳えば太陽を、
意のままに操ることの出来得るカであった。
しかし娘は、 皇城付きの易者の予言により
益と災いを同時にもたらす者として
山奥の伽藍へと幽閉され、 その日々を送っていた。
陽の光を、 草の吹息を見ることの能わぬ、
籠の鳥のような暮らしではあったが
それは、物心の付く遙か前からの娘の常であったので
さして不満を覚えるこzなく、 日々祈り、 舞い、 謳っていた。
娘の舞いにより、 国は飢えることなく栄えてゆき
平隠で凡庸な日々が恒久に続くかと思われたある日の事、
娘は伽藍を訪れた旅の僧に恋をた。
僧は、 翠葉薫るが如き若僧であった。
かし若者は、 僧であるがゆえ、 そして旅の途中であるがため、
通り行く薫風のように娘の元から去り、 山を下りた。
娘は、生を受けて初めて心を乱し、 僧を思い、 焦がれでは嘆いた。

そして

その涙は河川を乱し、 あふるる濁流となり、
その憂いは陽を通さぬ厚き雲となり、
呟く言霊は蝗の群となり、 一つの国と五の村を滅ぼした。
更にその濁流は、 去りゆく若僧をも水塵へと変えた。
国を滅ぽし、 焦がれた者をも滅ぼしたと知った娘は
哀しみのあまり自らも濁流へとその身を投げた。

天候が、 収穫が万事、
非常に不確かなもになったのはこの時からである。


10.

厳(おごそ)かな大地よ 古(いにしえ)の楽土よ
繁(しげ)りあう樹木を 太陽は照らす

混沌(こんとん)の大地よ 絶え間なき野生を
限りなき世界で 獣たちは舞う

ひそやかな泉よ 清らかな水面(みなも)よ
密林の深くで 闇夜が騒ぐ

地平には赤き山が咆(ほ)えたけり
満天の星を焦がす命の篝火(かがりび)

絶える事なき 鮮やかなその生命
奪い合い与えながら 強く 栄え 輝け

Posted by mamorusuzu at 痞客邦 PIXNET Guestbook(0) 人氣()

[Asriel] 夢の繭紡ぐ盲目の輪舞

01 螺旋回廊
02 雪月花
03 夢纏の繭
04 朦朧の森の林檎
05 ゲルゲの舞踏
06 スカーレット
07 煌く星空を遮る瞼
08 Retour
09 冷たい月
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

01. 螺旋回廊

作詞:KOKOMI 作曲:黒瀬圭亮 歌:KOKOMI

さぁ踊りましょう 嘆きの王子様
あぁいいですよ 蒼い目の姫君
まだ目覚めぬ淡い淡い夢なら
Mother...気付かせないで現実の性

夢に夢を見ましょう
恋に恋をしましょう
捕らわれるは鳥籠
鍵はその手に渡しましょう

『それは誰もが通る道だから』
今は それでいいよと大人(ひと)は晒う
けれど いつか君も知ることになるでしょう
開け放つこそ 『一人前(おとな)』だと

あぁ如何して空は青いのでしょう
さぁ知りません 故に探すのです
まだ未踏の地はいくつもあるでしょう
ただそれ故に終わりは無いのです

風に何処へ行くかと
海に何処へ続くかと
訊ねしは戯言
答えはその目で知りましょう

『それは誰もが透る未知な殼』
誰に 聞くかじゃないと大人(ひと)は諭す
だから いつか君が教えてあげましょう
旅に出るこそ 『一人前(おとな)』だと

Ah... どうして君は恋をする
Ah... どうして愛は終わらない
Ah... 廻る(めぐる)廻る謎の螺旋
Ah... そしてまた人は歩み出す

『いつか終着駅に着いたなら』
其処で 眠りましょうと大人(ひと)は残す
まるで 夢に描いた楽園の中で
身を委ねましょう オヤスミ


02. 雪月花

作詞:KOKOMI 作曲:黒瀬圭亮 歌:KOKOMI

咲きゆく蕾と 散りゆく花びらに
重ね含わせた人の命(は) 花陽炎
知りて泣くことも 見ぬ振り行くことも
選べぬは時代(とき)の運命 あぁ翳ろう

流れに身を任せ タダヨウ行き様が
正規なものと 誰が定めた
異端と嘲笑われる 独りが恐ろしく
己の心 また無理に歪め
自らその手を以ち破壊してゆく

月が照らし出す 心突き抜ける
深みに嵌る前に僕は
鈴音 響かせ姿闇に沈めあ

無力な此の手に 最後に触れるは
憐れみかそれとも優しさか
濡れた黒髪 捕らわれるは私か
それとも君なのか―――

夢物語 空高き場所は
蜃気楼だと誰もが 次の世に託す

(時は)変わり行くけれど 動けぬこの足を
記憶無き以前の君よ 何を想う―――

流れに身を任せ タダヨウ生き様が
正規なものと 誰が定めた
何を恐れようか 唯一度の命に
引き下がる由 誰に弁解し
甘えをまた誰かに押し付けてゆく

月が沈みまた 陽が昇り照らす
眩しさに目が覚めて僕は
弱音 振り捨て姿変えて羽ばたく

繋がる灯火 繰り返す命
選択肢を君に与えよう
触れた黒髪 捕らわれるは私か
それとも君なのか―――


03. 夢纏の繭

作詞:K&K(KOKOMI&黒瀬圭亮) 作編曲:黒瀬圭亮 歌:KOKOMI

振り返ればあの場所には一輪の花が咲く
どんな軌跡にも気付けば種が在る
糸を手繰り瞬き動く指針は
無慈悲なほど美しく聳える

いつかは 消え去ると分かっていて
故に愛しくて―――
だけども悲しくて―――

不意に襲う夜の 静けさに怯え失うことの
その意味さえ 分からずただ泣き叫んだ

Ah 記憶を結ぶこの夢の中
″儚く″て″切なく″て
永い時空(とき)を魅せる
夢纏いし時ふと空見上げて
あの残月水面を揺らしてた(そっと)

風の流れに逆らうように 進む旅道の先に
君の姿が在ること 願うよ

瞼を閉じて想う虚夢(そら)
故に幻想で(まぼろし)―――
それでも会いたくて―――

白き未来の地図 黒き纏う衣装(ふく)
待ち続けてるこの居場所は
何処よりも近くて遠い

Ah 触れることすら出来ない君よ
″冷たく″て″揺らめい″て 涙頬を伝う
何気ない言葉も酷く愛しい
夢(この)世界で ″今″は色褪せてた

Ah 記憶を結ぶ夢の檻は
″儚く″て″切なく″て
甘い時空(とき)を魅せた
でももう行くから
この永い夢も この意識も
やがて薄れていく
―――オヤスミ


04. 朦朧の森の林檎

作詞:KOKOMI 作曲:黒瀬圭亮 歌:KOKOMI

迷路を抜けた先には
綺麗な森が広がってると信じてた
目色に閉じ込めた侭
進む足あと 次第に掻き消されていった

幸せ近づいて 一歩後ずさりした
僕らは生まれつき遠慮がちで臆病
目の前に現れた妖精(まぼろし)でも
否定してた 幼い日の夢も忘れて

あの頃の憧れの魔法使いに会えなくて
気付けばいつの間に 大人になったんだろう?
『いつか』と遠い事と決め付けた
明るい筈の未来が
『今』だと知った時 何が出来るだろう

傷付き座り込んでも(必ず)
時間(とき)が痛みを癒すだろう 繰り返す
曖昧な記憶だから(朦朧に揺れ)
透明だった 私に穢れ(いろ)を付けていく

まだ先今はまだ… 足を止める毎日
他人に厳しく自分に甘い性分
先延ばしする度に広がる距離
覗き込んだ 望遠鏡の遥か彼方

小さくまだ見えている僕らの大事な夢を
忘れていつの間に 時間が経ったんだろう
『いつか』は遠すぎて
見ることも出来なくなる朝が来ると
『今』気付いたよ さぁ何が出来るだろう『今』なら…

熟した林檎を『見つけた』
いつ手にしようか『悩んだ』
悩むうちに実は地に『堕ちた』
そして朽ちてゆく 声無きモノは
何を望んでいたのだろう?
待ち続けたその手 見つめて消えゆく―――

『今』なら走り出した君に追いつくことが出来そうだと
背中を押すように 吹いた強い風―――


05. ゲルゲの舞踏


作詞:KOKOMI 作曲:黒瀬圭亮 歌:KOKOMI

言い訳染みた夢に溺れ
見せ掛けの情に媚びる(憐れね)
馴れ合いの檻の中 語る
己の美学に酔い痴れる

嘘の微笑み与えすぐ手の平を返す
鞭振るう神に祈るだけ ならば
ずっと見続ければいいわ

悪魔の囁きに惑ろう天使達
砕かれた背の羽根 酸化した雨
『お元気ですか 変わり果てた君』
嘲笑いが響き渡る―――

選りすぐりの謳い文句で
隠す本音(こえ)に気付かず
勧められるが儘に悪魔の手を取り踊る愚者(もの)よ

狭き世界の中で満足する精神(こころ)に
悟られぬ神は思うだけ ならば
待ち続けていればいいわ

白亜の壁の中迷える天使達
愛する己が為堕ちる悦楽
『お元気ですか 荒み枯れた君』
我等(あくま)は先に進む―――


06. スカーレット


作詞:KOKOMI 作曲:黒瀬圭亮 歌:KOKOMI

まだそんな所で泣いてるの?
もたもたしてる暇は無いんだ
くるくる時は進むから
僕が君を迎えに来たよ

下を見てるよりも 上を見た方がきっと
何か楽しいこと見つかる そんな気がする

集え諸人 Lala eins zwei drei vier
手を繋ごう 笑おう 愛し合おう
やるべきこと沢山だね ね 忙しいでしょ

やりたいことが見つからなくて
カッコ付けばかりの毎日さ
ほんとは羨ましかった
目指すものに一途な君が

泣き虫弱いけど(でも)何度でも立ち上がるよ
負けず嫌いだから 自分に負けないように

歌え諸人 Lala eins zwei drei vier
誇れる何かを失くさない為に
磨き続けてゆきたいね ね 忙しいです

斜め掛け鞄に 旅道具を詰み込んで
一歩踏み出す勇気 僕らは君を待ってる

集え諸人 Lala eins zwei drei vier
これは受け継がれる旅立ちの唄
始まりはいつもここだよ ね 見送りするよ

夢を描いて(溢れるほど
誰よりも大きな夢を
そして手に入れる為にね
輝き続けたい ずっと…


07. 煌く星空を遮る

作詞:KOKOMI 作曲:黒瀬圭亮 歌:KOKOMI

ねぇ何故 夢追い人よ
(Ah...)届かぬ場所へユクのですか
ねぇ何故 僕達は
(Ah...)求めることを止めぬ

嘘も愛も風の如し 掴め無いと(So on...)
綺麗なモノだから 汚してしまいそうで
また伸ばした手を引いた

*優しき日々よ 今はサヨウナラ
何も迷わずに進めるように
煌く星空を遮る 流れ星に似た涙*

「何処へ向かえば 何処で止まれば いいですか」
訊ねた人に答えは永遠に返らない

またほら 旅人よ
(Ah...)地図無き道をユクのですか
それは『楽しい』と
(Ah...)前行く旅人(かれ)が詠う

誰も同じ恐れ不安 抱いて眠り(So on...)
弱いから強がって 負けたくないPride
その心休まる日まで

過ぎ去りし日よ 今もカナウナラ
この場所に全てが戻るように
煌く星空に浮かべた 無くした記憶の欠片

玲瓏な浮かぶ満月 あぁ綺麗で悲しい
たとえれば誰かを置いてユク僕のよう―――
契約はいつまで続くのかなんて保障(わから)無いから
頼る者無くても 独りでも進むよ(ah...)

*repeat*


08. Retour

作曲:黒瀬圭亮


09. 冷たい月

作詞:水川月依 作曲:黒瀬圭亮 歌:KOKOMI

満月 冷たい風が
頬を撫でて 通り過ぎたの
Light 私を灯しだす

風の通り道 私の背中を
押し出す そよ風は夢を見ていた
樹々のざわめきが 静寂飲み込んで
足跡 木の葉落ち 埋め尽くしたから
闇夜 月がほら 明かり灯してる
だけど 冷たい風が流れてく
薄いマントでは 寒さしのげぬと
肩をすくみ上げらせていた道

まあるいまるいお月様がほら
Light 私を燃やし尽くして
石の上を 素足で行く
朱い血で染め
流した 涙で朱を薄めて

三日月 冷たい風が
心の側 通り過ぎたの
朱く黒く光る三日月 冷たい空へ

涙 月の道 くじけ足を折る
なのに 冷たい風が流れてく
樹々の葉の音色 緑色に鳴る
歌えぬ心に届く Symphony

欠けた月が 空を照らしている
Moon 丸く元に戻るから
茨の道 素足で行く
絡む視線が
つらくて 朱い涙をこぼして

三日月 冷たい風が
心の側 通り過ぎたの
朱く黒く光る三日月
まあるく
満月 冷たい風が
頬を撫でて 通り過ぎたの
未来(あす)へ駆ける素足の心 冷たい空へ

She wished the dream and away form the cold moon.
Then, she got to know the world.
It was the only trifling occurrence of night when rain falls heavily.

Posted by mamorusuzu at 痞客邦 PIXNET Guestbook(1) 人氣()

[Asriel] ガーネットの波紋に染まる空

01 Al meila
02 Alice
03 HARM
04 Eclipse~月食の遊戯~
05 刹那夢見る少女
06 宵闇の焔に焼かれて…
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

01. Al meila

作編曲 Kurose.K
Lyrics KOKOMI
Vocal KOKOMI

花のように 風に揺られ
浮かぶ 月を ただ見つめて
Ah 時の彼方へ響き唄え
Ah 遥かな願いを

I wish ひとり涙浮かべて
刹那 心 乱れて
崩れ落ちる時が来ても
私を感じて――

Looking For You
例え居場所 遠くて
姿 見えぬとしても
この唄の音(ね) 聞こえる時
空を見上げて微笑んで

鳥のように 翼広げ
碧き 水面 星映して
Ah あの楽園へ響き唄え
Ah 儚い願いを

I wish 闇に瞳閉ざされ
この手 自由 奪われ
もがきながら足掻きながらも
夢を見続けて――

Smiling For You
例え世界がやがて
牙を 向けたとしても
忘れないでね どんな時でも
あの2人だけの約束

I wish ひとり涙浮かべて
刹那 心 乱れて
崩れ落ちる時が来ても
私を感じて―――

Looking For You
例え居場所 遠くて
姿 見えぬとしても
この唄の音(ね) 聞こえる時
空を見上げて微笑んで

ふわり 風が背中を押して
言葉をのせて空へ
今 海を山を飛び越える
そっと君を 優しく包む


02. Al ice

作編曲 Kurose.K
Lyrics 梨瑚
Vocal KOKOMI

ねぇ壊すのが 宿命(さだめ)だと判っていたの
今、闇に堕ちるSolitude 響き渡った

いつだってそう一人 膝を抱えて泣いた
空色涙、落ちてしみる
独りぼっちの そんな惨めな私なんて
消えればいいと願う

緋い(あかい)太陽に堕ちて
イタイココロごと 失くしてしまいたい
何も感じないくらい
焼いて灰にして 壊して欲しいと叫んだ

こんなに苦しい想いなど私はイラナイ
駆け出しイタイココロ 全て振り切って
私は傀儡(かいらい) 暗い闇引き連れ往くわ
鏡のAlice目醒め 灯が消えるの

無いもの強請りしたの ポツリ咲いてた花に
やきもち 妬いていたわ

白い満月みたいな
キミは光射し 暗がり照らすよう
清く美しいヒカリ ココロ潰れそう
「タスケテ ココロガ イタイノ」

つくった笑顔の裏にそっと抱いた嫉妬が
余計にイタミ増して 自嘲気味笑う
眠れぬ子羊 星空に祈ってみたの
叶うはずなんてない
…でもね、大事だった

キタナイ私にキミは いつも優しくて
…あぁ、カミサマ これは罰?
犯した罪の……――――。


03. HARM

作編曲 Kurose.K
Lyrics 梨瑚
Vocal KOKOMI

あの日の記憶を きれいに消せたら
ねぇこの気持ちも 一緒に無くなる?
Harmは私を じわりとキツク締め付けて
眠ることさえも許さないの

暗い瞳 語りかける
テノールの声が響く…リフレイン
朽ちてく貴方抱いて 独り嘆いた

分からない感情 忘れてた心情
アカイロ景色 こびりついて
あぁ、愛しく温かい笑顔も
冷たい花園に奪われるの

無音の世界で 空ろになってく
あの声未だに 消えずに木魂し
私を攻め立て 離してくれはしない
解放求めて もがき足掻く

空は白く、闇が明けて
カミサマは手錠をかけ…縛るの
犯した罪と罰を 私は受ける

自由など要らない 此の罪を一人で
背負わなければ でも、貴方に…―――。
会いたいのよ 一度だけでいいの
許してなんて云わないわ

愛を求めて吟ふ それがイケナイことでも
心已まない 哀しい雨が降るの
誰か私を愛して そんな想いに駆られる
ずっと許しを請いながら

矛盾していること 自分でも知ってる
でも、願わずにいられないの
今、暗闇 手探りで進むわ
貴方に別れ告げ歩き出す
ぽろぽろと涙が止まらずに堕ちてく
独りは嫌と叫んだ時…―――

空みたいな 温かいその手は
私を優しく抱きしめたの
く包む


04. Eclipse~月食の遊戯~

作編曲 Kurose.K
Lyrics 梨瑚
Vocal KOKOMI

溶けてく甘すぎる闇
私を招くの
とろける蜜、抗えない罠
堕ちてく身体に
快楽感じ震えた
月が消えるの黒に eclipse 暗闇
コナゴナ 壊レル ワタシ
心消えるの eclipse 蝕む
これで、もうこわくない

鉄の鈍色(にびいろ)映える
貴方に飾るの
似合っているわ、輝くアカイロ
愛しい貴方の
ぬくもりふれた、瞬間…―――。
狂喜込み上げ晒う クルクル踊った
ふわりとスカート舞うの
此方へ御出で イイモノヲアゲル
あまい香りで誘う

ナイフを振り上げ
貴方に深く刺し込む

そうよ貴方もこれで私のモノだわ
最後の口づけそっと
青い肌色 冷たい唇
胸が痛いたような

ねぇ私は、私は何か間違っていたかな?
何故だろうか・・・涙があふれていく


05. 刹那夢見る少女

作編曲 Kurose.K
Lyrics KOKOMI
Vocal KOKOMI

『歪んだこの世界 貴方に花束を』
廻る時の中で咲き続けた 名も無き花よ

西の空 暁に染まり出したなら
遮るもの全てから 攫って
小さな手と手 真紅の瞳
闇夜でいい 君が居れば

『歪んだこの世界 貴方に花束を』
廻る時の中で繰り返すは 同族の約束(しんじつ)
やがて朝が2人を切り離すことを知りながらも
ただ見っめて 瞳の奥を

東の空 次第に白に輝いて
別れの合図の鐘が 響いた
孤独な月は 契約の鍵
名ばかりの 魔法をかける

『歪んだこの世界 貴方に花束を』
揺らぐ空の下でふと囁く 愛の言葉(いとしさ)
やがて人が悲しき恋路と呼ぶ けれど
ただ2人が 選んだ路 一筋の途

小さな手と手 エルムの瞳
闇夜がいい 君と居れば

『歪んだこの世界 貴方と永遠に―――』
遥か果ての場所で繋がれるは 永久の血(やくそく)
やがて時が再びこの場所で 映す
2人が見た 互いの瞳に 光る自分を


06. 宵闇の焔に焼かれて…

作編曲 Kurose.K
Lyrics KOKOMI
Vocal KOKOMI

Lalala...Lalala...

紅い月 ゆらゆら 唄う子守唄
銀の龍の羽が 空へ空へ 舞い上がる時

夢が 君が 風雅 星屑
寄り添って微笑めば
世界は開く 悠久の時の幻

宵闇の焔に焼かれて
迫る黒い影 光で包んで
地平線まだ 霞み掛かった夕焼け模様

Lalela...Lalala...

蒼き星 きらきら
傍へ傍へ 君の温もり

愛が 時が 優雅 旋風
届いた朱の髪留め
小さな文に 託す想いが届くなら

宵闇の焔に焼かれて
独り月見上げ 君を待つ夜も
風のヴタカタ 恐い物はもう何も無いの

さぁ 詩唄いの
声 響く夜の庭
ほら どんな願いも
叶うから…

明星の灯に照らされ
過去 今 未来も 君と一緒なら
全てをそっと 抱いて進むことが出来るから
宵闇の焔に焼かれて
迫る黒い影 光で包んで
地平線まだ 霞み掛かった夕焼け模様

Posted by mamorusuzu at 痞客邦 PIXNET Guestbook(0) 人氣()

[Asriel] 月光蝶舞う深紅の楽園

01.Al phobis
02.月纏の蝶
03.眠りの森が魅せた夢
04.nocturne
05.瞳に映る最期の憧憬
06.深紅の楽園

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

01. Al Phobis

作詞:KOKOMI
作編曲:黒瀬圭亮
歌:KOKOMI

美しい薔薇の香芳しき
この月夜に秘めし物語

選ばれる事はまた悲しき
破滅と終焉と愛を呼ぶ

あの遠い記憶 眠りの森の中で
詠われた呪い(うた)は今も背に宿る
ただ歳を重ね 見える世界変われば
可憐な羽根(つばさ)は不要物(いらない)だけだから

悲しみを見せないで(貴方の前で笑う)
陽が沈む前に来て(沈めばこの姿は)
夜が明ける迄 全ての窓を閉めて(見せられないわこんな蝶の姿など)
涙も流れぬなら(ビンで刺して飾って)
抑えることも出来ぬ(想いは膨らむだけ)
『運命の恋』なんてしなかったのに―――

隠された棘の刃ば誰かに
傷をつけて在り処を教える

澄み渡る森からの解除の方法(おしえ)は
迷いも無く彼の背を押して

あの三日月の夜 紅い絨毯みたいに
咲き乱れた花と彼と彼女
次第に姿が小さくなりゆくけれど
変化(それ)は美しくまた愛しく見えた

誰よりも大切で(何も怖がらないで)
どうか永久に笑って(月の下を歩いて)

限り或る時間の中で縛られずに(人として生きてそして又出会おう)
此処に約束するよ(必ず迎えに来る)
世界が変わろうとも(その瞳を頼りに)
探し出すよと 残し彼の影は消えた―――


02. 月纏の蝶

作詞:KOKOMI
作編曲:黒瀬圭亮
歌:KOKOMI

流れゆく時を背に今(舞い降りて)
描かれた想い匣庭の中で踊る―――
(物語の幕開け 謡いますわ)

『生まれ』
…この城壁(ばしょ)は只のお飾りで
『育ち』
…温もりがあったかも露知らず
(決められた愛で 踊りますか Shall We Dance?)
『同じ』
…毎日が或る日終わります
『貴方』
…瞳の先に私が留まった

装飾(かざり)なんて要らない 羽根(つばさ)を与えて

舞い踊れ花びら 夜空に(ひらひら)
望まれる それが望みだった(けれども本当は)
紅い羽根を持った私は(貴方の)
望んでた私にはもう 戻れないの

『流れ』
…時はただ冷たく刺さって
『秘めた』
…蝶の呪い(しんじつ)は鍵を掛け閉ざすだけ
(秘められた愛で 踊れるかしら May I dance?)
『月の』
…導くは触れられぬ蝶の姿(わたし)
『言葉』
…無くてただその手に留まった

羽根(かざり)なんて要らない 居場所を与えて

導いて花びら 夜空は(怖くて)
伸ばされた手を翻すしか(出来ないけどでも)
蒼いその瞳で貴方は(私の)
全てをも理解して(わかってて)そう 抱きしめたの?

居場所(かざり)なんて要らない 貫方が居るなら…

舞い上がれ花びら 夜空を(飾って)
短くて儚い夢ならぼ(それでもいいから)
永遠の別れ(かなしみ)が見えない位に(ひらひら)
散りゆけば幕は下りずに続くでしょう



03. 眠りの森が魅せた夢

作詞:KOKOMI
作編曲:黒瀬圭亮
歌:KOKOMI

人はまた同じ過ちから
抜け出せず綺麗事で片付けるだけ (AH Why…)

羨望は心の奥底で
言い知れぬ嫉妬や憎悪(醜い感情)になる

まだ沈みかけた世界に光が見えるのなら
仰いだ空にその手を翳して

決め付けられた夢 逃げ場所は無く
駆け抜ける迷路は 果てしなく続いている
夜の森に蔓延る紅の群れ
蜘蛛の巣に張り巡りし 甘い罠よ

幼き日抜け出した記憶は
鮮明に今も消すこと出来ず残る (AH Cry…)

欲望は時に理屈よりも
手が先に紅い蝶(それ)に触れてしまうから

まだ沈みこめた想いに迷いがあるのならば
諦めないで出口を探して

忘れ去られた夢 知らない事は
無邪気な悪戯で 片付かない時もある
掟を破りし罪の代償
昼と夜の境界は 遠くなった

『聞いて 眠りの森の蝶は
 捕まえてはいけない神様だから 忘れないでいて』

眠りの森の夢 愛しき人よ
その命を代えて 此の蝶を愛せますか
夜の森に蔓延る紅の群れ
一筋の光が射すまで 嘘を纏え


04. nocturne

作詞:KOKOMI
作編曲:黒瀬圭亮
歌:KOKOMI

降り積もる雪 消える足跡
手を伸ばしても 掴むは虚空だけ

舞い散る季節を ひとつ感じて
瞳に潜む恐れを 眠りの森で見た夢の魅せた誓い

―――あの時

もしあの瞬間 君と出会っていなければ
荒(すさ)む空も穏やかなまま―――
時を越えいつか また巡りあうから
冷めた月も今は燃え尽きるでしょう

眠りは深く輪廻の月夜
再会(であい)の予感 静かに訪れる

舞い散る木の葉を ひとつ見つめて
瞳に潜む恐れ 眠りの森で見た夢の魅せた記憶

―――あの時

もしあの瞬間 君と出会っていなければ
欠けた月も眠りつくまま…
時を越えいつか また巡りあうから
静かな夜も今は狂い出すでしょう
いつかは―――
この想いも消え去る時が来る?

―――あの時

もしあの瞬間 君と出会っていなければ
荒(すさ)む空も穏やかなまま―――
時を越えいつか また巡りあうから
冷めた月も今は燃え尽きるでしょう

やがて来る闇は
僕らを引き裂いてしまい この記憶も連れ去るけれど
いつかきっと叶う 願いを抱き
その時を静かに待ちわびましょう



05. 瞳に映る最期の憧憬

作詞:KOKOMI
作編曲:黒瀬圭亮
歌:KOKOMI

貴方は 遠くて
私には 眩しい
運命の始まりも 終わりもそう
違うと知っていたのに

その手を伸ばさないで
 この手を永久に繋がせて
囁く言の葉 誰が為 定命 近付くの?

肩越しに見ゆる月
変わりゆく風の流れそれは
まだ見えぬこの 瞳に映る憧憬

貴方の 見据えた
望むもの 何処へ
幾千の星空と 私一人
分かりきっていた…でも

その指で触れないで
 この指で優しく撫でて
矛盾するココロ 誰が為 定命 出会ったの?

小さな石一つに
託された世界の行方
甘い悲鳴ただ 叫んだ声は消える

離さないで…離して
この場所から動けないの カミサマ

その手を伸ばさないで
 この手を永久に繋がせて
囁く言の葉 誰が為 定命 近付くの?

肩越しに見ゆる月
変わりゆく風の流れそれは
まだ見えぬこの 瞳に映る憧憬

同じ場所に居たいの
 出来ぬなら瞳を閉じて
再び開く前に私は消えましょう
ただ忘れないでいて
 握り返す手も返す言葉も無いけれども
貴方を愛していた



06. 深紅の花園

作詞:KOKOMI
作編曲:黒瀬圭亮
歌:KOKOMI

あとどれ位の朝を 指折り数えたら
君と居る世界に逝けると星に訊ねた

通り過ぎた当たり前の日々が 柵の中
寒ぎ込んでた耳に木霊する

色の無い絵本にも 詠われる詩がある
目に見えぬ言葉に色を付け
残された形のある者に託すんだ 永く
認からも必要とされてないモノなんて
この小さな世界には無いよ
永還が無いのなら眠り付くその時までただ―――

あとどれ位の夜の 下歩いていれば
懐かしい声聞こえるの風に委ねて

失うまで寄り掛かり過ぎてた その優しさに
今更だけど気付かされたんだ

まだ見えぬ世界には 新しい物達が
訪れを手招きしているよ
臆病になるよりも強気で向かうんだ 遠く
何かから逃げたくて闇雲に走るより
常に何かを追って行きたい
永遠が無いのなら眠り付くその時までまだ―――

色の無い絵本にも 詠われる詩がある
目に見えぬ言葉に色を付け
残された形のある者に託すんだ 永く
誰からも必更とされてないモノなんて
この小さな世界には無いよ
永遠が無いのなら眠り付くその時までただ―――

あとどれ位の日々を 笑って過ごしたなら
また新しい始まりの日 来るのでしょうか

Posted by mamorusuzu at 痞客邦 PIXNET Guestbook(0) 人氣()



[Asriel] 白い闇に沈む永遠の夜

01 声を奪われた少女
02 オズと魔女
03 Mebius Syndrome
04 冷たい月
05 Silencia
06 リンカーネイション
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

01. 声を奪われた少女

作編曲 Kurose.K
Lyrics 水川月依
Vocal KOKOMI

雨の空 轟く雷
たたずむ少女が泣いた
雨は振り 響く雷鳴
少女 声が果てる
空よ 雨をやませてくれ
声にならないこの声を
もう一度この声で歌を歌えるかな かなわぬ願い抱き
雨が振る 心の声 叫びは届かない
あの日 あの時に 戻れたら 思い出す
Ah この雨が 私の言霊となる
詞を… 青空を… 私の元へ

涙雨 輝く空が
嘆く少女を染める
止まぬ雨 光る稲妻
少女 声を殺す
空よ 神よ 失う声
いつか見た私の絵本
この絵本みたいに 最後にはまた歌を歌えるのだろう
雨がまた 心の声 叫びをかき消した
声が 詞が 涙ひとつ つくり出す
Ah この涙 私の言霊となり
未来へ… この空べ… 私の胸へ

雨が振る 心の声 叫びは届かない
あの日 あの時に'戻れたら 思い出す
Ah この雨がr私の言霊となる
詞を… 青空を… 私の元へ…
Ah…  降り止まぬ雨が…
Ah… 少女が涙を流す
Ah… この涙空へ…
言霊 涙が 空へ


02. オズと魔女

作編曲 Kurose.K
Lyrics 水川月依
Voeal KOKOMI

扉の開く音 帰る足音が
響く夜の空に 満ちる月光

こだまする叫びが 闇を切り裂いて
翳る夜の月も 背く顔のように
泣き崩れた心の叫び
あなたヘ ナイフ 差し向けた Melody Line
もう帰るべき場所はないと 嘆く少女が言う
空を見下ろしたなら この村を焼き尽くそう
この地立ち止まれない 明日へと飛び出す翼
雨降る次の夜 過去に終わり告げさせて
歩きだす 涙の道を

流れ着いたあの日から 声亡き夢を見ていた
もう一度夢を見てた 日に戻れるならば

降りしきる雨粒 闇を照らしてた
雲の間月が 隠れ出てきては
追い出された少女の叫び
静かに 扉 叩く Silent Voice
もう帰るべき場所を捨てた 歩く少女が言う
空を見上げたならば この村を捨てて行こう
私 立ち止まらない 過去を切り捨てたからと
雨降る次の夜 全てに終わり告げさせ
走りだす 涙の道へと

空を見下ろしたなら この村を焼き尽くそう
この地立ち止れない 明日へと飛び出す翼
雨降る次の夜 過去に終わり告げさせて
歩き出す 涙の道 もう一度 夢見た あの日に戻れたならばと
少女が言う 過去を切り捨てたからと
雨降る次の夜 全てに終わり告げさせ
走りだす 涙の道へと


03. Mebius Syndrome

作編曲 Kurose.K
Lyrics 水川月依
Vocal KOKOMI

そっと水辺にたたずむ鳥
さえずりも忘れて森のかなたへ
こぼれ落ちた一握りの水 木の葉が拾い
たった一人の世界 この空を望む
逃げ出した過去のかなたに
望む世界はあるの?
私だけの実 そっと唇を合わせて食べる
私の在処はこの果て 禁じられた果実を
そっと 触れて 砕けた

ふっと後ろを振り返ると
さえずりを忘れた小鳥のメロディー
空に浮かぶ一握りの雲 黒く染まって
たった一人の孤独 この森に話す
溶けてなくなる私の実
腕の中へと還る
こぼれ落ちてく ため息の数 雨がかき消す
私の在処はこの家 扉の向こう側で
ガラス のように 砕けた

続くこの日々 私の理想郷へと
回る回る 決して終わらない日を

逃げ出しだ過去のかなたに
望む世界はもうなく
私だけの実 そっと唇を合わせて食べる
私の在処はこの果て 禁じられた果実が
音を 立てず 砕けて消える


04. 冷たい月

作編曲 Kurose.K
Lyrics 水川月依
Vocal KOKOMI

満月 冷たい風が
頬を撫でて 通り過ぎたの
Light 私を灯しだす
風の通り道 私の背中を
押し出す そよ風は夢を見ていた
樹々のざわめきが 静寂飲み込んで
足跡 木の葉落ち 埋め尽くしたから
闇夜 月がほら 明かり灯してる
だけど 冷たい風が流れてく
薄いマントでは 寒さしのげぬと
肩をすくみ上がらせていた道

まあるいまるいお月様がほら
Light 私を燃やし尽くして
石の道を 素足で行く
朱い血で染め
流した 涙で朱を薄めて

三日月 冷たい風が
心の側 通り過ぎたの
朱く黒く光る三日月
冷たい空へ

涙 月の道 くじけ足を折る
なのに 冷たい風が流れてく
樹々の葉の音色 緑色に鳴る
歌えぬ心に届く Symphony

欠けた月が 空を照らしている
Moon 丸く元に戻るから
茨の道 素足で行く
絡む視線が
つらくて 朱い涙をこぼして

三日月 冷たい風が
心の側 通り過ぎたの
朱く黒く光る三日月
まあるく
満月 冷たい風が
頬を撫でて 通り過ぎたの
未来(あす)へ駆ける素足の心
冷たい空べ

She wished the dream and away from the cold moon, Then, she go to know the world.
It was the only trifling occurrence of night when rain falls heavily.


05. Silencia

作編曲 Kurose.K
Lyrics 水川月依
Vocal KOKOMI

殺伐 流れる星が また海に落ちてゆく
波しぶきもなく 波紋広がる
沈黙 この空の彼方で 誰かが叫んだ
雲にかきけされ 鳴咽深まる
静かにただ静かに寝る
心の叫びはこだまする
泣き声もらさないように 息をひらすら殺した
静かなただ静かな夢
叫んだ心は悲しく
ただ待つ この身はまた 枷を望んでた
黄昏の間から輝いた涙の星屑
もう一度この大空が晴れたらと願った
永久の夢儚くて僕はまた涙を流して
また会えるよね 僕は霜をここで待ち続けている

静間時雨(しじましぐれ) 秋は夕暮れ
騒ぐ雷 涙雨が ぽつりぽっり したたり落ちて

静寂それははかなくて
心の叫びは届かず
静間の魔の手がまた
僕の言葉を殺してる
静かに流す涙から
叫んだ心はむなしぐ
待つのも 疲れ果てた けどまだ終わらない
夕闇に溶け込んだ一粒の涙の欠片が
輝いてこの大空を翼で包み込む
永遠に続く道僕はまた歩き始めてる
また会えるよね 僕は君をずっと追い続けている


06. リンカーネイション

作編曲 Kurose.K
Lyrics 水川月依
Vocal KOKOMI

流れる雲が 時を刻んで燃える炎
夕焼けが落ち
流れる風が 固唾をのんで
灰を空へ飛ばして
今 始まる
少女を追いかけ
走る 素足 風に遊ばれて
月が望むこの夜の中で
私が君を追いかけて
あの日の 日記帳を 取りだして
涙を見せながら 破り捨てる

道に倒れた 小さい花が土に還り
地球(ほし)の糧へと
素足で作る 足跡の道
つむじ風がかき消す
火が 飛び交う
少女に火の粉が
逃げる 素足 涙 踏み越えて

世界の狭間にある楽園
私は空を手でつかむ
あの日の 日記帳に えがいてた
二人であの楽園へと行こう…と

道に倒れた 小さいリスルム
涙を流して この身を捧げる
あの日の 日記帳に いろあせた
二人で笑う姿を映した写真

Posted by mamorusuzu at 痞客邦 PIXNET Guestbook(3) 人氣()